スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今日のチャレンジ!アサクサノリ復活計画 Vol.9
--------------------------------------------------------------
配信日:2006年10月27日/20時55分           (参加者数:131名)
--------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日の盤洲干潟の気象・海況です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時刻:10/27 19:10
気温:17[℃]
湿度:82[%]
表層水温:19.5[℃]
表層塩分:23.3

相変わらず水温は横ばい状態です。
24日25日と強風が吹き水温が下がるのを期待したのですが残念ながら期
待通りには行きませんでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ アサクサノリ作業日程
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
24日から25日にかけて強風が吹き漁場は大荒れでした。
25日の午後凪たので網の見回りに行ったら沖合い浮き流しベタの海苔網は
端が擦れて海苔の芽は禿げてしまう網も多く見受けられ、支柱柵は棒が波
によって抜けかけたり倒れたりしていました。「アサクサノリは大丈夫かな?」
と点検に行くと風波に負けないで生き生きと伸びているように見えました。

翌日26日朝から修復作業を行う。
海苔網を見るとどうも昨日と様子が違う。何かおかしい・・・
海苔の芽は短くなっている。
「えっ!何だこれ?」
9月25日種付けして伸びていたアサクサノリが短くなっていました。
電話が入る。「シログサレ症が発生しているぞ!」
ガックリです。あと10日もすれば生産できると期待していたのですが・・
このシログサレ症と言う病害は網が干出する支柱柵に起こるものです。
風波の影響ではなく、すでに病に掛かっていて雨で海苔網が真水に触れて
細胞が破裂して短くなったり溶けてなくなってしまったのです。

一難去って又一難・・・・
毎年思うのですが順調に生産できる年はないです。
自然はきっちりと落とし穴を作ってあるのです。それに気が付かないでワク
ワクしていた自分が情けない。正直・・この状況を目の辺りにし気が抜けて
しまいました。

今朝27日は気力も萎えてしまい・・・それでも対策を考えないとと思い浜に
出ました。幸いにもアオノリが繁殖しているスサビノリは何故か海苔芽は
しっかりと残っていました。それらは干出しない沖合い浮き流しベタに移動
させました。

アサクサノリもアオノリ駆除の為に10月11日冷凍庫に入れ16日に支柱柵に
張り込んだ網が12枚ありました。その網は芽は小さいですがしっかりと残っ
ていたので沖合い浮き流しベタに逃がしました。

海苔養殖は一晩で状況がガラッと変わります。
2ヶ月間無収入で海苔の作業を行って「あと10日もするとやっと生産できる
ぞ」と思っていた矢先の出来事です。
予定を立てようとしても予定通りにいきません。自然に対する畏怖を忘れる
としっぺ返しを食らいます。

メンバー6人とも今現在海苔柵に24枚程度アサクサノリを張ってあり同じよ
うな状況を迎えてしまいました。しかし今年は皆冷凍庫にアサクサノリの種
網を保管してあります。生産が遅れるかもしれませんがまだまだ諦める訳
にはいきません。もうしばらく見守っていただければと思います。
このような状況ですので予定していた(海苔柵見学会)は11月になりそうで
す。ご理解ください。

又、明日浜に出ると急に伸び始めたりするのが海苔養殖です。
それも期待しつつ今出来る作業を全力でこなすだけです。

【これらの画像はブログに掲載してあります】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ よくある質問
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
質問:スサビノリのほうの生育はどうなのでしょうか。同じ状況でも、やはり
強く伸びているのでしょうか。見比べると、違いが良く分かるような気がする
のですが?

答え:スサビノリも同じように被害を受けています。しかし上で書いたように
何故か?アオノリに包まれているスサビノリは元気なのです。
こっちの浜では青混ぜ海苔と言うアオノリが混ざる海苔が人気が有り支柱
柵ではほとんどアオノリを生かさず殺さず育てています。
ただ、アサクサノリは海苔本来の旨みを感じてもらいたいのでアオノリは出
来る限り駆除します。本当の違いはこれから出てくるのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 日本経済新聞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月29日の朝刊に掲載予定だった記事は私の校正が遅れて10月30日(月)
朝刊掲載となりました。(文化)と言うコーナーです。内容はライターの方が
書いたのですが自分がかなり手直ししてありますが・・残念ながら自分の文
章じゃないな~と感じていますが・・「まあいっか」って感じです。
よかったらご覧いただければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
【2006/10/27】  この記事のURL | メルマガ | CM(2) | ▲ top
<<暖かい | メイン | 対策>>
コメント

今年のアサクサノリブログ,例年になく興味深く読んでいます。
浜の苦労を消費者にも伝えたい,と多くの漁業者は思っています。
なかなかできないのが現実です。
根気強く浜の様子を発信し続ける姿勢に敬服しています。
以上とりあえず意見表明まで。

病害発生とのこと,気苦労多く皆様大変とは思いますが,がんばってください。
【2006/10/27 21:30】| URL | 偽漁師 #-[ 編集] |  ▲ top

気苦労
気苦労は耐えないですが、少しでも現状を知ってもらい多くの人に解ってもらいたいですね。
【2006/10/27 23:16】| URL | 金萬 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。